ウォーターサーバーのメリットとデメリット

###Site Name###

最近、いろいろな企業や病院、お店の待合室などでウォーターサーバーを設置しているところを見るようになりました。

では一般家庭において設置することによってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まず、一番のメリットはいつでも熱いお湯や冷たいお水を飲むことができることです。
ウォーターサーバーがない家庭ではお湯はポットや電気ケトル、やかんで沸かすため時間がかかり、お湯を沸かすための道具のお手入れが必要となります。



ミネラルウォーターを購入して飲んでいる場合は、毎回ペットボトルで購入し冷蔵庫の中で冷やすのに場所をとります。ペットボトルのゴミも出ます。

しかしウォーターサーバーを利用することによってこれらのデメリットがすべてなくなります。

特に赤ちゃんのいる家庭ではミルクの調乳ですぐにお湯がほしい場合、沸かす手間もかからずすぐに作れます。

離乳食が始まったときもミネラルウォーターなので安心して使えます。



また重いミネラルウォーターを購入して運ぶ必要も、送料を払って通販で購入する必要もなく電話一本でお水を持ってきてもらえることもメリットの一つです。

しかしデメリットもあります。

まず、使用前、使用済みのボトルを保管しておくスペースが必要となることです。
水のボトルはミネラルウォーターのボトルよりもかなり大きいのでアパートなどに住んでいる場合はスペース確保が大変かもしれないです。



また、小さい子供のいる家庭では子供が誤ってお湯のほうを出してしまい火傷をしてしまう事故なども起きているので、子供が勝手に触らないように各家庭で気を付ける必要があります。