ウォーターサーバーのボトルの種類

###Site Name###

ウォーターサーバーはボトルをセットする事によってボトル内の水を利用する事ができるのですが、ウォーターサーバーに設置する事ができるボトルは大きく分けて「ガロン式」と「ワンウェイ式」の2種類があります。

ガロン式は別名「リターナブル式」と呼ばれており、再利用する事ができるというところが大きな特徴になっています。



そのため中の水がなくなっても再度水を供給すれば再び使えるようになるのでゴミを減らす事ができるので、エコロジーを考えた場合には非常に有効なボトルだとされています。

そのため非常時や災害時には備蓄水として利用できると言うメリットもありますが、その反面水を詰め替え方式で補充するようになるので外気に触れやすく細菌が入り込みやすいと言うデメリットもあります。

それに対してワンウェイ式は中の水がなくなったらそのまま処分されるタイプのボトルで、再利用されないというところがガロン式との大きな違いになっています。

そのため水がなくなった時点ですぐに処分する事ができるのでボトルを保管しておく手間や場所がいりませんし、水の配達では常に新しいボトルを利用できるので外気に触れないことから細菌などが入り込みにくいと言うメリットがあります。



デメリットとしてはゴミがたくさん出ることになってしまいますし、災害時の備蓄水としては使いにくくなっているというところです。

このように2種類のボトルは提供されているウォーターサーバーの会社や本体によってどちらを使っているのかが異なっているので、何に重点を置くのかによって選ぶタイプも異なってきます。