ウォーターサーバーのメリット・デメリット

###Site Name###

病院や温泉に置いてあるウォーターサーバーは便利ですよね。


実際に家に置くと、、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まずメリットとして、常に冷たい水と熱いお湯が使えるということが挙げられます。
朝起きてすぐ熱いコーヒーを飲みたい時、ヤカンでお湯を沸かすと時間がかかってしまいますが、ウォーターサーバーなら注ぎ口をひねればすぐに熱湯が出てきます。

また、夏場はペットボトル等に水を入れて冷蔵庫に入れて冷やしておくと思いますが、庫内の場所を取ってしまい困った経験がある人もいるでしょう。



冷たい水もすぐ使えるので、そんな心配はいりません。使用されている水の成分はメーカーによって異なりますが、どの水でもきちんと処理されていて安全で、美味しくなっています。



また、雑菌が繁殖しにくいようにサーバー内を熱湯で循環させたり、空気をろ過するフィルターを付けるなどの工夫がされています。



水道水を飲むより健康的で、赤ちゃんのミルク作りにも最適ですよ。

スーパーでミネラルをウォーターを買うと、重くて持って帰るのが大変ですが、ウォーターサーバーの水は宅配で送られてくるので手間もかかりません。ただ、デメリットとして水を付け替えるときが重くて大変と感じる人もいるようです。
また、熱いお湯が飲めるのはメリットですが、そのぶん常に電気でお湯を温めていることになるので電気代がかかってしまいます。

他にも、ボトル代や配送料、メンテナンス料などメーカーによってお金がかかる内容があるので契約時にはしっかり確認しておきましょう。